ライブピクセルを知るこころがけ

HOME > こころがけ
ご提案の基本は、まずはそれが お客様にとってベストかどうかです。
もちろん、その形はお客様ごとに様々。
お客様がそれで運営しやすいかどうか、
お客様の利益に見合う提案かどうか、
本当にそのシステムや機能は必要かどうか、
いつもとことん考えています。

言われたことだけを行うのはある意味簡単です。
でも、お客様のご指示には、その一つ一つにそうしたいと思う理由があります。
ご指示を丸のみするのではなく、時にその隠れた意図を理解し、 よりよい提案があれば積極的にお伝えしていくようにしています。
ライブピクセルは個人事業者ですので、専門の営業担当者がおりません。
したがって、いつでも呼ばれればうかがえる体制ではありませんし、
かけられる営業コストや時間にも限りがございます。
ただ、ホームページ作りを担当させていただく場合は、
必ず一度はお会する、という形をとらせていただいております。

不思議ですが、対お客様とのお仕事には、
一度はお会いしないとわからない「何か」があり、
その「何か」が、これから生み出すものに確実に影響するということを
身をもって知っているからです。
可能な限り、お客様のサービスや仕事場、商品などを手に取り、
目で確認し、お客様自身に接することを大切にしています。
今でも昔ながらの営業スタイルで不安をあおったり、
皆さんそうですから、とお客様をひとくくりにして機能の導入を迫ったり
という強引なやり方は存在します。
お客様の事情や取り巻く状況は様々であり、
それを輪切りにして判断することはできません。
また、一度お問い合わせいただいた後に
何度もしつこく営業を行うようなことも一切行いません。
「この人に作ってもらおう」
「このお客様のために仕事をしよう」というお互いの気持ちあってこそ
良い仕事になるのだと思いますから。
制作業者はともすると、良いことはガンガンアピールしますが、
デメリットやマイナス面に蓋をしがちです。
専門的な説明というのは、
説明する側にもされる側にもエネルギーが必要です。
ただ、片方だけが知っている、というのはやはりある意味怖いことです。
知っている側は把握していることに対し、
説明責任があるものとライブピクセルは考えます。
同等の理解は難しくても、出来る範囲でご理解いただき
少しでも納得した上で判断していただきたいのです。
それが結果的には互いのためになると考えています。