ライブピクセルを知るライブピクセルの想い

HOME > ライブピクセルの想い

一人で多くを抱えて
迷われている方のために

今このページを目にしている方は、個人事業者の方ですか?
それとも比較的小規模のお店や企業でお仕事をされている方でしょうか?

ライブピクセルは、個人のホームページ制作事務所です。
主に、同じ個人事業者様、小企業様などの制作や更新を担当させていただいております。

とりわけ、このようにお一人、もしくは少人数で活動されている方というのは、
「できる限りなんども自分で頑張ろう!」と、一人でたくさんのことを抱えていらっしゃることが多いなと感じます。
ホームページ作りや運営もその一つ。自分で作ろうと頑張る方が多いですね。

もちろんそれは悪いことではありません。
わけもわからず業者に丸投げするよりも、自分の頭の中を整理し、目指す道筋を定め、
自分の想いを言葉で語り、伝えようとすること、
それが、目にする者の心に、一番届くものであるはずだからです。

でも、ご自身の業務を抱えながら、専門外のことに取り組むのは、なかなか大変です。
そして、ある時は、行き詰まりを感じることもあるかもしれません。

そんな時に、 ちょっと意見を聞ける人がいたら、一緒に考えてくれる人がいたらいいのに、
力の限界を感じた部分を自分に代わってやってもらえたら
そう思う時があるはずです。

私は、そんな皆様のために、この仕事をしています。

「ホームぺージ作れます」
の、その先は

実際、この仕事を15年近く続けてきた中で、そのような想いを持った方にたくさん出会ってきました。
そんなお客様方を前にしていつも抱くのは、 単に「ホームページを作る」という作業を越えて
パートナーとしてサポートできる存在でありたいということです。
今や、作れることは当たり前であって、本当に必要なのはその先であると思うからです。

綺麗なホームページを作れる人は10年前に比べてはるかに増えたと思います。
スクールが増え、マニュアルも溢れ、様々なツールも進化しました。制作スキルを持った人は、たくさんいるのです。

でも、今はホームページがあればビジネスがうまくいくという時代ではなくなりました。
しかも、これだけ多くの情報が溢れていると、何を信じて、どこに指標を持てばいいのか、見えなくなってしまいがちです。
だからこそ、単なる「制作業者」ではなく「信頼できるパートナー」が求められているのだと感じます。

どんな世界でもそうですが、セオリーどおりやれば、必ずうまくいくとは限りません。
でも、目の前のお客様とそのビジネスをしっかり見つめながら、二人三脚で取り組むことで
必要な情報は自ら選択でき、進むべき道は見えてくると確信しています。

利益はお客様の涙の上に
成り立ってはならない

私はお客様にとって、「制作業者」であることは間違いありません。
しかし、人ごとではない意識を持つことはできます。

まだ駆け出しの頃、お客様が期待するような成果を出せなかったことがありました。
お客様は一言の恨み言も文句もおっしゃいませんでした。
でも、期待に胸を躍らせてくださっていたお気持ちを思うと
力不足であった自分への悔しさと、申し訳ない気持ちは、今でもずっと忘れることができません。

我々が得る報酬は、お客様の涙の上に成り立ってはならない と、その時強く強く思いました。
どれだけその仕事で利益を得ても、その影でお客様が悔しい涙を流されていたら
そこに私の仕事の意味はないということです。

もちろんビジネスの全ての問題をWebサイトが解決できるわけではありません。
でも、もっとできることがあったのではないかという想いは、いつまでもぬぐえないものです。
そういった後悔はしたくありません。

期待以上の価値を届け、求められる成果を出す。
そして、それを共に喜べるパートナーでありたい。
できることなら今この文章を読んでくださっている皆様とのご縁がありますように、
心から願って、新しい出会いをお待ちしております。

ライブピクセル
 城内 貴子