Live Pixel Blog

個人事業の制作屋のブログ

Page 2 of 3

アンマサコさん『おたんじょうびケーキ』原画展に行ってきた

縁あって、ホームページの更新や修正を少しばかりお手伝いさせていただいている、絵本作家のアンマサコさん。

 
6月23日~7月2日まで、新作の絵本『おたんじょうびケーキ』(ブロンズ新社)の原画展が原宿で開催されるというので、在廊日にうかがってきました。
 

 
原画を拝見していると、私と知らずに挨拶に来てくださったアンさん。
実は、電話で一度、メールでは何度もやりとりしているのですが、初対面だったのです。
リアルでお会いできるのは、嬉しいことです。
 
 
アンマサコさんの作品は、こんなタッチは見たことがない!と思うほど、本当に緻密、かつ繊細に描かれているのです。
画像でもその素晴らしさがよくわかると思います。
いったいどれだけの時間を費やされているのかしらと思うほどですね。
 


 
幻想的でありながら最後にあったか~い気持ちが残る、そんな素敵なお話です。

 
絵本にサインしていただきましたよ!しかもイラスト付き♪

これまでもアンさんは、驚くべき作品を生み出されています。
中でも度肝を抜かれるのは、登場する人形や小道具をすべてご自身で立体制作し、コマ送りのように撮影をした写真絵本『タップの夢』

 
原画展では、この『タップの夢』を映像化した作品を見せていただきました。
いやはや感動モノです。

 
1つを生み出すのが本当に大変だと思いますが、これからも新しい作品がアンさんの手によって生み出されるのを楽しみに待ちたいと思います。

 
アンマサコさん公式サイト
『おたんじょうびケーキ』はこちらで購入できます

 

更新したはずなのにホームぺージの表示が変わっていない?

ライブピクセルでは、多くのお客様のホームぺージ修正や更新作業をお引き受けしております。 
作業を完了した時にお客様へ完了のご報告をさせていただくわけですが
ご確認いただいても「変わっていないのですが・・・」とか「表示が崩れて見えるのですが」というご連絡をいただくことがあります。
 
 
私の環境ではきちんと修正が反映されています。
なぜこんなことが起きるのでしょうか?
 
********************
 
パソコンのブラウザには「キャッシュ」と呼ばれる機能があります。
「キャッシュ」とは、一度表示したことがあるホームぺージの画像やデータをブラウザが保管(記憶)しておくことで、再びぺージを表示させた時に読み込む速度を早くするための仕組みです。
 
 
新しいデータをきちんとアップロードしたのに表示が変わっていないときは、この「キャッシュ」によって、新しいものではなく保管してある古い方が表示されている、ということが原因です。
デザインが崩れている場合は、新しく入力した内容は表示されているけれど、デザインの指定をしているファイルはキャッシュされた方を読み込んでいる、といった場合です。
これは、PCもスマートフォンでも起きる現象です。
 
 
こんな時は、ページを再読み込みするか、それでも変わらない時は「キャッシュをクリアする」つまり、この記憶を消して表示させることで解消します。
 

キャッシュをクリアする方法 Windowsの場合

キーボード Ctrl+F5 同時押し

 

 

キャッシュをクリアする方法 Macの場合

キーボード ⌘+Shift+R 同時押し

 

 

そしてご質問として多いのが、「私は表示崩れの原因が分かって、キャッシュを消すことで確認できますが、このページを見ている方は表示が崩れたままにならないのですか?」ということです。
ごもっともな疑問です。
 
 
第三者の方が、同じページを、比較的最近、閲覧したことがある場合は、まだキャッシュが残っている場合がありますから、崩れて見えている可能性があります。
キャッシュは一定量しか残せませんから、別のページをたくさん閲覧すれば、別のキャッシュがどんどん蓄積され、古いキャッシュはそのうち消えます。
でもそれがいつになるのか、はわかりません・・・。
閲覧者の環境、状況によるからです。
 
 
でも、初めてそのページを見る人にとっては、そもそもキャッシュされていないわけですから、表示は正常の状態で表示されます。
 
 
悩ましいですね。
 
 
そもそも、キャッシュをさせないようにすることもできますが、それはそれでページの読み込みが遅くなるというデメリットもあります。
コードの書き方によって、キャッシュの影響を受けにくくすることはできますので、ライブピクセルでは、なるべくその方法を使って修正したり更新したりするようにしています。
でも、避けられないこともありますので、その点はどうぞご理解ください。
 
 
ホームページの更新・修正にお困りの方へ
お問い合わせ・ご相談

サーバーのバックアップ機能について思う

今日は前回の記事で触れた、
「サーバー側でのバックアップサービスについて」書いていきます。

***********************************

サーバー移転の際に移転決意のきっかけにもなった自動バックアップ機能。

全てのホスティング会社ではないのですが、
レンタルサーバーのホームページデータやデータベースを
自動でバックアップを取り、
万一の際にデータ提供してくれるサービスが増えてきています。

・バックアップも無料、引き出すのも無料
・バックアップは無料、引き出すのは有料
・オプション(有料)で申し込みをすれば、引き出すのは無料

と、いずれも非常に有効なサービスだと思います。

これは、WordPressへのブルートフォース攻撃などの対策の一環として
装備するようになった、ということだと思います。

もちろん自身で手動のバックアップを取れるならそれでも良いし、
自動バックアップのプラグインを利用するなどの方法で万一に備えるというのは
これまでの方法でしたが、
手動のバックアップは少し敷居が高かったり、
プラグイン利用の場合は、、特にデータ量などが増えてくると
エラーを起こしたりするケースも多いのですよね。

ここ数年の間に増加の一途をたどっていたセキュリティ問題は
頭ではわかっていても、被害に合う機会がないと、どこか他人事のように感じてしまいがちです。

「万一に備える」というのは
なかなかできないことなんですよね。
でも、どういったセキュリティ問題であっても、
とりあえずバックアップさえとってあればなんらかの形での復旧は可能なわけですから、
ここは絶対にはずしたくないことです。

************************************

それからまだ誤解をしている方も多いですが、
WordPressはデータベースだけをバックアップしても不十分です。

データベースは主に投稿した文章の「文字」の部分ですから、
アップした画像やテンプレートであるテーマ、その他の設定などは、そこにはありません。

データベース
サーバー上にアップされているWordPress関連の全データ

の両方が必要です。
データベースは、借りたサーバースペースにあるわけではないので
それぞれ別にバックアップを取ることが必要なのです。

別々にバックアップを取るというのは結構ハードルが高いと思いますので
BackWPup」など、両方を一気に自動でバックアップを取ってくれるプラグインなどを
活用してきたわけですね。

************************************

これに代わって、サーバーの方でバックアップを取ってくれるサービスがあるのは
かなりの安心要素になるということがおわかりになるかと思います。
ただ、どんなものも100%ということはありませんので、
両方で備えられればかなり間違いないということになるかと思います。

ちなみに、大手さくらインターネットさんは、バックアップはしてくれているのですが、

何ぞの時に提供してくれるものとは違い、
さくらさんサイドでのサーバートラブル時にも安心ですよ、という意味の
バックアップのようなので、注意が必要です。

ご利用のサーバーでバックアップサービスがあるかどうか確かめてみてくださいね。

« Older posts Newer posts »

© 2018 Live Pixel Blog

Theme by Anders NorenUp ↑